製品・サービス

​β版開発完了
accounting.png

サプライチェーン排出量
Scope1,Scope2,Scope3自動算定

ソフトウェア/システム

貴社のERPシステムと連携し、GHGプロトコルに準拠したサプライチェーン排出量(温室効果ガス排出量)をソフトウェア/システムを用い、自動算定します。

財務会計システム等からAPI連携されたデータを基に、GHGプロトコルに準拠したScope1(スコープ1),Scope2(スコープ2),Scope3(スコープ3)の全範囲を効率的に算定することができます。

データソースと直接連携されている為、リアルタイムにサプライチェーン排出量の数値を確認することができます。

また、算定された排出量に関する計算・算定式・データソースは全てアクセスすることができます。​

 

気候変動リスクの開示に関する
コンサルティング

consulting.png

サプライチェーン排出量(温室効果ガス排出量)算定・削減に関するコンサルティングを始め、様々な気候変動リスクの開示に関するコンサルティングを提供します。

国内外の先行事例等を踏まえ、脱炭素化に向けた貴社の取組を支援します。
まだScope3(スコープ3)の算定を行っていない企業様においては、サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェアの導入と同時に算定のコンサルティングを致します。

コンサルティング内容

  • サプライチェーン排出量算定支援

  • LCA(Life Cycle Assessment)対応支援

  • CDP質問書回答支援

  • SBT対応支援

  • TCFD対応支援

  • RE100対応支援

  • その他(ご要望に応じてサービス提供致します)

 
​開発中
accounting.png

サプライチェーン排出量
Scope1,Scope2,Scope3削減支援

ソフトウェア/システム

データのダッシュボード化に留まらず、アナリティクス機能を用いてインサイトを提供します。

自動算定ソフトウェアで算定されたサプライチェーン排出量(温室効果ガス排出量)の削減に関して、現実的且つ効率的なソリューションを自動で提供します。
半期や年に一度の分析だけでなく、リアルタイムに蓄積される温室効果ガス排出量削減に関する分析も行います。

​開発中
reporting.png

気候変動リスク開示支援
ソフトウェア/システム

気候変動リスクに係る開示における複数の報告・開示要件に沿ったレポート作成を支援します。

サプライチェーン排出量を始め、投資家や規制機関からの気候変動リスクに係る報告・開示要件に応えられるよう、開示レポートに活用できる資料を簡単に作成することができます。