ライフサイクルアセスメントとは

ライフサイクルアセスメント(LCA:Life Cycle Assessment)とは、企業が製品・サービスのライフサイクル全体における環境負荷を定量的に評価する手法です。

ライフサイクル全体とは資源採取~原料生産~製品生産~流通・消費~廃棄・リサイクルを言います。

 

近年、環境問題に対する意識が高まっており、可能な限り、環境負荷の少ない製品を流通させることが企業に求められています。

その中で、ライフサイクルアセスメント(LCA)は商品・サービスの環境負荷を評価する有効な手法として注目されており、ISOにおいてISO14040シリーズとして手順が規格化されています。

ライフサイクルアセスメント(LCA)は次の4つのプロセスで実施されます。

1. 目的及び調査範囲の設定

「調査する対象製品・サービスは何か」「地球温暖化や大気汚染など、どの環境問題に関する評価をするのか」などを明確にします。

 

2. ライフサイクルインベントリ分析(LCI)

1で設定した調査範囲におけるライフサイクルの各段階におけるデータのインベントリを作成し、分析します。

ライフサイクルインベントリ分析(LCI)に関する詳しい説明はこちらをクリックしてください。

3. ライフサイクル影響評価(LCIA:ライフサイクルインパクトアセスメント)

ライフサイクルインベントリ分析(LCI)を基にCO2排出量などの結果が環境問題にどのような影響を及ぼすのかを定量的に評価することをいいます。

ライフサイクル影響評価(LCIA:ライフサイクルインパクトアセスメント)に関する詳しい説明はこちらをクリックしてください。

4. 結果の解釈

プロジェクトの目的に照らして結果を評価し、調査結果には重大な影響を明示し、原材料の使用量と環境負荷を軽減するための方法を提案します。