​グリーン電力証書とは

グリーン電力証書とは、グリーン電力の環境価値を取引ができるように証書化したものです。

グリーン電力とは、太陽光や風力などを利用した再生可能エネルギーで発電された電気のことを言います。

グリーン電力は、電気そのものの価値に加えて、環境価値があります。

環境価値とは、他のエネルギーと比較したときに、自然エネルギーの持続可能性と、温室効果ガスを減らす効果がある価値です。

 

グリーン電力証書は、グリーン電力が持つ環境価値を証書化されたものであり、市場での取引に用いることができます。(電気そのものの価値は切り離されています)

 

例えば、グリーン電力証書を一定の価格で購入することで、購入した分に相当する使用電力を再生可能エネルギーにより供給されたものとみなすことができます。

なお、その際、JQA(日本品質保証機構)が契約する証書発行事業者どの手続きを通じて、認定などを受け取る必要があります。

固定価格買取制度(FIT制度)なども有名ですが、固定価格買取制度は、電力そのものの価値と環境価値の両方を買い取られるので、環境価値のみが取引されるグリーン電力証書による取引とは、取引の内容が異なります。

​グリーン電力証書のメリットは各種機関への報告に活用できる点です。

グリーン電力証書を買うメリットは、自ら発電設備を持たない場合でも、再生可能エネルギーを使用することにできる他、国内法制度(温対法)や海外イニシアチブ(CDPSBTRE100)などへの報告にも活用できることです。

 

ただし、グリーン電力証書は、民間の証書発行事業者によって認定されるものですので、国(経済産業省・環境省・農林水産省)が認めるJ-クレジットとは異なることに留意が必要です。