気候変動リスクの情報開示をサポート

温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定等の関連業務を
ソフトウェア/システムを活用し、
一貫して支援します

Apple Macbook Pro 15_ Silver.png

​サプライチェーン排出量算定業務において、
このような"お悩み"がありませんか?

計算プロセスが多く、

算定ミスが起こりやすい

根拠時の資料を管理することが煩雑である

正確性

属人的な管理であり、排出量
算定結果の理解を周知できない

社内異動の影響が大きい

​属人性

社内外の関係者からの

データ収集に時間がかかる

Excelでの作業効率が悪い

​効率性

年に一度の算定であり、排出量の増加を期中に予知できない

期中に排出量関連の
方針転換ができない

​即時性

 

その"お悩み"
オンドのサービスが解決します!

​サプライチェーン排出量自動算定
ソフトウェア/システムの基本機能

ERPとの連携を活用したGHGプロトコル準拠のサプライチェーン排出量(Scope1, Scope2, Scope3)自動算定機能

排出原単位のアップロード機能

ダッシュボード機能

​​オンドの特長

サプライチェーン排出量自動算定機能に加えて、
個別カスタマイズを請け負っております。
また、サプライチェーン排出量の算定だけでなく、削減・開示に関する支援など幅広くご要望にお応えすることが可能です。

​​脱炭素化へ向けたステップ

①​計画策定

長期的な目標と組織毎の過去実績を基に、目標の割振りを行います。組織間売買の為にカーボンプライシングを設定することで、各組織の収益目標と紐付けることができ、各組織からの協力を促進することができます。

③モニタリング

四半期、一年毎に温室効果ガス排出量に関する組織毎のパフォーマンスを確認するだけでは、排出量削減目標を実現することはできません。
サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェアではデータソースと連携することで、リアルタイム且つオンデマンドで組織・部門毎の温室効果ガス排出量に関するパフォーマンスを確認できます。

⑤レポート・共有

気候変動リスクに関する開示が注目の的となっています。サプライチェーン排出量の算定結果を始め気候変動リスクに関する情報を、CDPやTCFDのフレームワークに沿って開示します。
​サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェアではダッシュボード機能を有している為、算定結果の理解の一助となります。

②温室効果ガス算定

サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェアを活用し、財務会計システム等からAPI連携されたデータを基にGHGプロトコル100%準拠したScope1-3全範囲を算定します。
算定された排出量に関する計算・モデル・データソースは全て簡単にアクセスできます。

④削減・オフセット

算定された温室効果ガス排出量を削減する為のインサイトを発見します。
企業活動の中で削減できない排出量に関しては、ondのパートナー団体によるプロジェクトを通してオフセット(相殺)することが可能です。

About us

​"カーボンニュートラル
をシンプルに"

 

お問い合わせ

​ご用件を以下にご記入ください。

お問い合わせありがとうございます。

入力が完了致しました。

お問い合わせ内容については、順次対応させていただきます。
システムによる自動返信にて、受付完了メールを送信しております。
※受付完了メールが届かない場合は、お手数ですが再度お問い合わせいただくか、弊社までご一報ください。

Email: info@ond.earth

  • Facebook
linkedin.png